部屋

自分の好みの住宅に出来る|注文住宅の魅力

メリットとエリアの選択

家

マンションや一戸建て住宅を購入する時は、新築の物件か、中古の物件か選ばないといけません。それぞれにメリットがあります。家族の構成やライフスタイル、予算などを考慮して新築の物件にするか、中古の物件にするか判断してください。

新築の物件のメリットは新しいので、耐震性や耐久性があることです。マンションの場合はモデルルームで見学することで、実際の耐震性を確認することも可能でしょう。さらに、新築の物件は、情報収集が簡単にできます。新築の物件を売りたいために、大々的な広告を出すことも珍しくはありません。インターネットや情報誌などには、京都の新築物件を見つけることが出来るでしょう。

中古の物件には、新築物件にはないメリットがあります。中古の物件は価格が安いことが最大のメリットです。中古の物件を購入してリフォームを行なった場合でも、新築の物件よりも価格を抑えることが出来る場合もあります。また、日当たりなどの環境を確認できることもメリットの一つでしょう。

同じ京都府でもエリアによって値段は大きく変わります。そのため、新築の物件よりも中古物件の方が高くなることもあります。京都府の場合は、都心部の人気が集中する場所は中古物件でもかなり高額になります。しかし、京都の山奥の郊外の場合は人気がない場所もあります。そのような場所は駅からも遠く、冬は京都市内よりもとても寒くなります。また、スーパーや病位も近くにないため、新築の物件でも比較的安い価格で購入することが可能になっています。マンションや一戸建て住宅を購入する時は、どのエリアに購入するかも考えなくてはいけません。